システムコンサル及び開発、コンピュータソフトウェアの販売・サポート

トップ  製品・サービス案内  aXes/アクセス

製品・サービス案内

Contents

  • WilComm/ウィルコム
  • aXes/アクセス
  • Vocollect/ヴォコレクト

aXes/アクセス

仕様

5250画面が、GUIっと変わるッ!
1. ソフトウェアは全て IBMi にインストール!
(i5OS Ver.5.40~Ver.7.20)

ソフトウェアは IBMi のライセンスプログラムとして提供されます。PCやUNIX等の専用Webサーバーを必要としません。
クライアントに必要なのは、ブラウザ(IE /Edge / Safari / FireFox / Chrome)のみです。システム管理者は、各クライアントへのソフトウェアの導入や管理といった煩わしさから解放されます。また、セッション管理も全て IBMi 側で一元的に行うことができます。

2. 単なるウェブ化ツールではありません!
( 何も変えずに、大きく変わる )

aXes をご使用いただくにあたり、既存アプリケーションの修正は不要です。IBMi DDS キーワードを忠実にブラウザ上で表現します。
導入後、すぐにお使いいただくことが可能です。画面イメージ(スタイルシート)もグリーンスクリーンを踏襲したものから、ウェブ画面を意識したものまで多彩です。

→ Step-1

(注)以下の DDSキーワードには対応していません。ブラウザ上では機能いたしませんが、アプリケーションの動作には影響いたしません。
GRDxxx : 罫線系,DSPATR(CS) : カラムセパレータ
ALARM ,ALWGPH,CNTFLD,CSRINPONLY,CHCACCEL,DSPRL,MSGALARM

3. Auto GUI 機能により、クリッカブル画面が自動生成されます。

一定のルールに従って 5250 画面に表示される「ファンクション・キー」「サブファイル」「サブファイル・オプション」「メニュー項目」「ページ・キー」「ハイパーリンク」が、自動的にクリッカブル・エリアとなります。IBMi メインメニューでさえも、クリッカブル画面に変身します。

→ Step-2

4.画面カスタマイズ機能で、更にマッシュアップ

アプリケーション・プログラムや、その画面DDSを一切修正することなく、アプリケーション画面をカスタマイズして、本格的な Webアプリケーションにマッシュアップすることが可能です。既存アプリケーションの修正が不要ですので、パーソナルコミュニケーションズやクライアントアクセスといった従来型のエミュレータと共存することも可能です。

→ Step-3

画面カスタマイズの詳細は、「カスタマイズ」のページをご参照ください。

5. 何時でも、何処からでも、安心 & 超高速 アクセス!

高性能 aXes W3 (HTTP Server) と圧縮技術により、ネットワーク負荷をかけることなく、超高速アクセスを実現します。従来型エミューレータと比較しても遜色ないスピードで動作いたします!また、SSL や VPN 環境を合わせてご使用いただくことで、社外からの安全な IBMi アクセスも可能になります。

6. 端末IDを設定することが可能です!

aXes は、独自のセッション管理機構を備えており、従来型エミュレータと同様にセッション管理を行なうことができます。通常の端末セッションとして認識されますので、ログイン後は、IBMiのジョブとして動作します。
aXes では、IBMi にログインするユーザープロファイル単位に端末IDを指定することが可能です。 QPADEVxxxx といった自動構成による端末IDを使用することや、ログイン時に明示的に端末IDを指定することも可能です。従来型エミュレータのようなデバイス・アイコンの生成は、オプション・ソフトウェア(aloha : aXes Login Handler)をご使用いただくことで可能になります。

7. モバイル使用で威力を発揮します!

aXes は、不安定なダイアルアップ接続による使用においても安心してご利用いただけます。独自の「セッション・パーキング」機能により、画面イメージを IBMi で保持していますので、突然通信が切断しても、再接続することで画面処理を継続することができます。
また、ユーザー誤操作によるウィンドウ・クローズも、同機能にて中断画面を復元することができます。システム管理者のリカバリー業務が軽減されます。

8. CCSID を気にする必要がありません!

Web 化ツール特有の CCSID=5035 の制約はありません。aXes は、ジョブ CCSID を判断して自動的に文字コード変換を行います。従来型エミュレータのように、クライアント側でホストコードページを指定するような設定はございません!

9. 強力な Administration 機能を提供いたします!

aXes の端末セッションを使用するユーザーが、どのような画面操作をしているか、システム管理者はブラウザ上で画面イメージを確認することができます。電話によるユーザー・サポートが激変します。

10. キーボードの先行打鍵入力が可能です。

従来型エミュレータは、クライアントにソフトウェアを有するため、入力バッファを備えていることは当たり前のこかも知れません。しかし、Webブラウザには、ほとんど入力バッファがありません。ブラウザしか使用しない aXes は、独自のアイディアで、この問題を克服しています。

11. DBCS フィールドで、MS IME (Input Method Editor) が自動起動します。

従来型エミュレータは、 クライアントにソフトウェアを有するため、画面フィールドの属性によって独自の漢字変換処理が行えるようになっています。 しかし、Webブラウザには、漢字変換機能がありません。そこで、aXes は、画面入力フィールドの属性を判断して、自動的に MS IME を起動いたします。
DDSにおいて画面フィールドのデータタイプ= W(カタカナ),J(DBCS専用),G(DBCSグラフィック) の場合、MS IME(Input Method Editor)が、自動起動いたします。

(注)動的HTMLは、IME に関して、すべてのコントロールが許されているわけではありません。カタカナフィールドにカーソルがポジショニングされても、IME は、半角カタカナ入力モードにはなりません。マウスあるいは、キーボードショートカットで半角カタカナ入力モードにする必要があります。
DDS データタイプ= O(オープンフィールド)、E(DBCS択一フィールド)の場合に、IME は自動的に動作いたしません。

12. IBMi スプールファイルの PC プリンタ印刷!
(aXes Web Spooler)

ブラウザ上でスプールファイルを照会することができます。
また、そのスプールファイルを指定したローカル PC プリンタに印刷することができます。(5577エミュレーション不要) aXes の印刷機能は、従来型エミュレータにおけるプリンタ・セッションのようなプッシュ型印刷を提供するものではありません。ユーザーがスプールファイルとプリンタを指定することで印刷を行うプル型印刷ですが、無用な印刷を削減するトリガーになるかも知れません。更に、PDF形式での閲覧も可能ですので、スプールファイルをローカル PC へ保管することも可能になります。

13. IBMi キーボード・マッピングが可能です!

「Windows Keyboard」と「AS/400 Keyboard」の切り替えが可能です。「Ctrl キー」を実行キーとして使用することができます。ファンクションキーにつきましても、すべて使用可能です。


 

 

事業コンセプト会社概要製品・サービス案内代理店・パートナー一覧人材採用お問い合わせ個人情報の保護についてサイトマップ